生理前のニキビについて

生理前はなぜニキビができやすいの?

生理前のニキビについて

生理前の肌トラブルで困った!という経験は、女性であれば一度や二度経験があるはずです。 ニキビに限らず、生理前は様々な肌荒れを引き起こし易い時期であると言われています。 ニキビができて、「そろそろ生理かも・・・」と感じる方も少なくないのではないでしょうか?

生理前のニキビですので、その原因にはもちろんホルモンによる影響が考えられます。 ホルモンによるニキビ・肌トラブルには、生理以外にも「思春期ニキビ」や「ストレスニキビ」など 様々なものがありませので、「ホルモン」と「お肌」がいかに密接な関係にあるかが理解できますね。

生理前のニキビを引き起こす原因となるホルモンに「黄体ホルモン(プロゲステン)」というものがあります。この黄体ホルモン(プロゲステン)は排卵後から黄体期を迎えた女性の体内で分泌されるのですが、このホルモンが皮脂の分泌量を増加させニキビの出来やすい環境を引き起こしているのです。

そもそもニキビは、毛穴に詰まった皮脂やヨゴレが炎症を起こし引き起こされているトラブルですので、 皮脂の過剰分泌はつまりニキビの第一歩である、という事は想像に容易いのではないでしょうか。

この黄体ホルモン(プロゲステン)の働きは男性ホルモンである「アンドロゲン」とも似たものがあり、 どちらもニキビの発生や悪化を促すホルモンとして考えられています。

男性ホルモンの「アンドロゲン」は、「男性」と名がつくものの女性の体内にも微量ながら存在していて、思春期やライフスタイル、または精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れる事で女性ホルモンよりも優位に立ってしまう事があり、これが「思春期ニキビ」や「ストレスニキビ」の原因ともなっています。

どちらも「ホルモン」という体内からの問題から引き起こされるニキビですが、出来てしまった時の対処法としては洗顔・保湿など、通常のニキビケアが有効です。お肌を清潔に保ち、保湿を心がける事で憂鬱な肌トラブルを解消しましょう。

また、繰り返しニキビが出来てしまう「ニキビループ」の対策・予防としては、スキンケアにプラスして 生活習慣の改善やガス抜きを行ってホルモンバランスの乱れを正す必要もありそうです。